こよみの来伝

 

 わが国に暦が伝来したのは、6世紀から7世紀のはじめ頃ではないかと言われています。

 しかし、いずれも記録は断片的で、暦の伝来や使用開始については諸説あります。

 


 

 533年(欽明天皇14年)6月、百済(くだら)※古代の朝鮮半島西部~南西部にあった国家 に、

 暦博士(こよみのはかせ)の来日や暦本(こよみのためし)の送付を求めたと記録されています。

 

 又、602年(推古天皇10年)10月、百済の僧 観勒(かんろく)が来日し、

 日本の学生 陽胡玉陳(やこのたまふる)暦法を、

 大友村主(おおとものすくり)高聡(こうそう)天文・遁甲(とんこう)を習ったとされています。

 

 ※遁甲とは・・・占星術の一種。天文現象から吉凶を判断して、人目をくらまし身を隠す術。

 


 

こよみの移り変わり

 

 

 

 

 

暦 法 開始年 備 考
元嘉暦(げんかれき) 554年~ 太陰太陽暦の暦法。
儀鳳暦(ぎほうれき) 697年~ 太陰太陽暦の暦法。定朔法を用いており、優れた暦法とされる。なお、この暦において初めて進朔が採用された。
大衍暦(たいえんれき) 764年~ 太陰太陽暦の暦法。非常に整備された暦法であり、のちの暦法の模範となった。
五記暦(ごきれき) 858年~ 太陰太陽暦の暦法。4年間のみ大衍暦と併用された。
宣明暦(せんみょうれき) 862年~ 太陰太陽暦の暦法。日本においては823年間使用され、史上最も長く採用された暦である。
貞享暦(じょうきょうれき) 1685年~ 太陰太陽暦の暦法。初めて日本人渋川春海の手によって編纂された和暦である。
宝暦暦(ほうりゃくれき) 1755年~ 太陰太陽暦の暦法。和暦。先の暦である貞享暦より劣っており、1763年の日食を外したことにより不満が高まり、改暦となった。
寛政暦(かんせいれき) 1798年~ 太陰太陽暦の暦法。和暦。西洋天文学を取り入れた暦法。
天保暦(てんぽうれき) 1844年~ 日本で使用された最後の太陰太陽暦の暦法。和暦。それまでで最も精密な暦法と言われている。
太陽暦 太陽暦(たいようれき) 1873年~ 初めて太陽暦であるグレゴリオ暦を導入。

 


 

カレンダーの日

 

 日本で現在使用している太陽暦が採用されたのは1872年(明治5年)のことです。

 当時、政府は「来る12月3日を新暦(太陽暦)の明治6年1月1日にする」と発表しました。

 それまで太陰太陽暦で全てが動いていましたが、わずか23日後には暦が変わることになり、

 その混乱ぶりは想像以上でした。

 ですがこの改暦は、太陽暦を採用している諸外国と外交上で足並みを揃えるため、

 そして日本が文明国家に仲間入りしたことを海外に広くアピールするための施行でもありました。

 

 その後、社会は太陽暦に則り動いていきましたが、庶民の暮らしはまだまだ旧暦に依るところが大きく、

 農村の種まきや祭礼日、親の命日などは旧暦通りに行っていました。

 1947年(昭和22年)の調査では、「新旧暦を併用して使っている」と答えた人は全国で44%にものぼり、

 いかに庶民の暮らしに太陰太陽暦が浸透していたかが分かります。

 

 日本国民に大きな衝撃を与えた事実に基づき、全国団扇扇子カレンダー協議会は、

 1988年(昭和63年)に12月3日を「カレンダーの日」と定めました。